タグ別アーカイブ: ベスト・プラクティス

太陽光発電収入で貧困家庭のエネルギー状況を改善する

もう一つ、英国の事例を紹介しておきます。南スタフォードシャー・コミュニティ・エネルギー(SSCE)が、新たにシェアを発行して貧困家庭の支援に乗り出しました。プロジェクトの内容は以下の通りです。 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

英国ブリストル市エネルギー組合のコミュニティ・シェア

英国ブリストル市のエネルギー組合が、コミュニティ・シェアを発行して280万ポンドを調達しようとしています。コミュニティ・シェアは、英国ソーシャル・ファイナンスの重要な手法の一つで、近年は、クラウド・ファンディングにおいても、大きな割合を占めるようになりました。 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

ビリオン・ダラー・グリーン・チャレンジ

クレスゲ財団の支援を得てサステナブル・エンダウメント研究所(SEI)が、米国で新たなチャレンジを開始しました。建物のエネルギー効率向上に投資するためのリボルビング・ファンドの設立です。総額10億ドルを目指しています 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

ビジネス・スキル向上を重視する新たなアート支援

米国のThe Clark Hulings Fund(CHF)は、画家Clark Hulingsの資産を元に設立された基金です。Clark Hulingsは商業的に成功した画家ですが、彼は、才能があるのに成功の機会に恵まれない画家を支援するために新たな基金を立ち上げました。それがCHFです。 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

休眠「ポイント」活用を通じたファンドレイジングの新たな形

日本でも、銀行口座に眠る「休眠預金」の活用が議論されています。数百億円規模の資金をソーシャル・セクターが利用できるようになるため注目が集まっています。しかし、考えてみると、眠っている資産は他にもあります。例えば、クレジットカードのポイント。毎年、膨大なポイントが使用されずに無効となっています。これを何とか活用できないでしょうか。 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

米国の大型ベンチャー・フィランソロピー財団

米国のDraper Richards Kaplan財団が、第三期のベンチャー・フィランソロピー支援募集を開始しました。総額6500万ドル(約65億円)、米国を拠点にグローバルな活動を展開する非営利社会的企業に対し、3年間で30万ドルのグラントを出す予定です。同財団は2002年に1400万ドル、2011年に3200万ドルの資金提供を行っており、こうした実績を踏まえ、第三期は助成額を倍増させました。成果が期待されます。 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

集合的インパクト成功の秘訣:同性婚権利獲得運動の事例から

日本でも集合的インパクトに関心が集まっています。セクターを超えた多様な組織が、目標と評価基準を共有してインパクト達成を目指すこの手法、FSGが定式化して国際フォーラムも立ち上がっていますが、その形態は多様です。アドボカシー活動も加えると、その範囲はさらに広がります。 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

世界の共有経済をリードするソウル市とShare Hub

韓国ソウル市は、「共有都市(Sharing City)宣言」をして以来、積極的に共有経済を活用した社会課題の解決に取り組んでいます。今回、クリエイティブ・コモンズ・コリアが発表した報告書「ソウルは共有経済を通じて都市を牽引する」は、これまでのソウル市における共有経済の発展ぶりを分析した貴重な資料となっています。 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

アキュメン・ファンドが米国内での活動を開始

社会的インパクト投資分野でパイオニア的存在のアキュメン・ファンドが、米国で活動を開始しました。開発途上国で培った「忍耐強い資本(Patient Capital)」アプローチと様々なインパクト評価手法を、米国でどのように展開していくのか注目されます。 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather