タグ別アーカイブ: ベスト・プラクティス

NatWest SE100がソーシャル・ビジネス・クラブを立ち上げ

英国でソーシャル・ビジネス専門のインデックスSE100を運営しているNatWest銀行が、新たにソーシャル・ビジネス・クラブを立ち上げました。これにより、NatWest銀行は、ソーシャル・ビジネス支援を一層強化する予定とのこと。金融機関によるソーシャル・ビジネス支援のモデルケースとして注目されます。 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

建設事業を通じた社会的価値の実現:Building Social Value

英国では「社会的価値法」が制定され、公的セクターが調達契約を行う際には、「社会的価値」に配慮することが義務づけられました。これは、社会的企業の需要面の強化を目的とした政策ですが、では、具体的に「社会的価値」とは何でしょうか。おそらく、その解釈は多様でなかなか標準化は難しいと思われます。 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

ホームレス問題に集合的インパクトで取り組む全米ネットワーク

先進国の社会課題の一つにホームレス問題があります。精神障害や薬物依存など特別な問題を抱えた人だけではなく、中流階級が失業や病気などの理由でホームレス化するケースも多く、米国では深刻な社会問題となっています。 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

フードロス問題にデータを通じて取り組む新たなイニシアチブ

ロックフェラー財団が、新たに「食料廃棄(Food waste)」イニシアチブを立ち上げて以来、この問題への取り組みが加速しています。その一つ、ReFEDは、客観的なデータと関係セクター全体に目配りしたソリューションを提示することで、2030年までに米国のフードロスの50%削減を目指しています。

続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

参加型グラント・メイキングとコミュニティ・インパクト投資

アメリカのコミュニティ開発においては、コミュニティ財団が大きな役割を果たしていますが、その一つ、シカゴ・コミュニティ・トラストが、ユニークな事業モデルを打ち出して話題を呼んでいます。 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

Divestmentはフィランソロピーの新たなトレンドになるか?

助成財団は、基本財産の運用収入を活用して助成事業を行います。助成財団は、基本的に公益を目的に助成を行うわけですが、ではその基本財産の運用にまで「公益性」が配慮されていたかというと、必ずしもそうではありません。日本では、国債、公債が運用の中心なのであまり問題になりませんが、海外の財団はより積極的な運用を行っています。その結果、環境保護活動を行っている助成財団が基本財産の運用先として、化石燃料を使ったエネルギー産業に投資するという笑えない問題が生じたりします。 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

Creative Capitalのアーチスト支援インパクト

米国でユニークなアーチスト支援を展開するクリエイティブ・キャピタルが、過去15年間の活動のインパクト評価報告を発表しました。アーチスト支援の領域でユニークなモデルを開発してきたクリエイティブ・キャピタルがもたらした成果を一望できます。 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

Coopify:ワーカーズ・コレクティブを共有経済で加速させる!

以前、この情報ボックスでプラットフォーム型協同組合についてご紹介しました。共有経済(Sharing Economy)とITプラットフォームを協同組合と結合させることで、新しい経済を生み出そうというこの考え方に基づき、新たなイノベーション、Coopifyが立ち上がりました。 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

大企業の社会的購入を通じた社会的企業支援キャンペーン!

Social Enterprise UK(SEUK)が、Buy Social Corporate Challengeというユニークな試みを開始しました。この試み、大企業がCSRの一環として、英国内の社会的企業からの商品・サービスの調達を増やそうというもの。2020年までに10億ポンド(約1600億円)の購入を目標にしています。社会的企業を、社会的投資による資金提供面だけでなく、社会的購入を通じた需要面でも支援しようという試みとして注目されます。 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

インパクト投資をアート支援に活用する新たなプラットフォーム

社会的インパクト投資というと、開発協力や環境保護、先進諸国の貧困コミュニティ開発や低所得者支援というイメージが先行しがちです。しかし、社会的インパクト投資はアート支援にも活用できるはずと言うコンセプトで、新たなプラットフォームが立ち上がりました。 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather