タグ別アーカイブ: 統計データ

CGAPが金融包摂に関する最新データを発表

CGAP(The Consultative Group to Assist the Poor)が、金融包摂に関する調査結果を発表しました。これによると、現在世界の成人の半数に当たる25億人が、金融サービスを受けることが出来ないという状況の中、2012年には金融包摂に対して290億ドルのコミットメントがなされたとのこと。民間資金の伸び率が2パーセントであるのに対し、公的資金は16パーセントと大きな伸びを見せています。また資金の中心はデットで、エクイティや保証はあまり大きな伸びを見せていません。 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

クラウドファンディングの現在をインフォグラフィックスで

FundRazrがクラウドファンディングの現状に関するインフォグラフィックスを発表しました。2013年に51億ドルの規模に達したクラウドファンディングの現状を分かりやすく説明しています。面白いのは、クラウドファンディングへの参加者も発信者も女性が多いこと、当然のように年齢層は20代から30代前半が中心で、デバイスはサファリを使用しているiPhone。。。。こういう情報は、今後、クラウドファンディングでの資金調達を考える上で参考になります。 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

How’s Life?2013報告書発表:経済以外の生活の質を測定する

経済的な指標だけで生活の質を測定することは出来ません。人々の生活の質は、男女の平等、所得の平等、住居、職、ワーク・ライフ・バランス、将来の保証、社会的つながり、健康、教育と職業訓練、環境、市民参加とガバナンスなど様々な要因によって規定されます。 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

ハドソン研究所が「グローバル・フィランソロピーと資金移転インデックス」2013を発表。

ハドソン研究所は、毎年、ODA、民間投資、フィランソロピー、その他という項目毎に、開発途上国向けの資金移動を独自に分析し、報告書の形で発表しています。現状では、OECDのDAC統計に民間フィランソロピー資金の統計が含まれていないため、この報告書は貴重な情報源になっています。 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

米国ドナー・アドバイズド・ファンドの総資産が大幅に増大

米国のナショナル・フィランソロピック・トラストが発表した「ドナー・アドバイズド・ファンド・レポート2013」によると、米国のドナー・アドバイズド・ファンドの総資産は、2012年度に450億ドルになり、2011年度の総資産額380億ドルから大幅に拡大しました。この結果、ドナー・アドバイズド・ファンドによる寄付額は、全米の個人寄附総額の6%に達しています。また、口座数も2011年度から7%増加して20万以上となりました。 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

米国助成財団センターが米国助成財団の最新統計資料を発表

米国助成財団センターが 「Key Facts on US Foundations 2013」を発表しました。これによると、2011年に、米国の財団総数は81,777、総資産額は6,220億ドル、助成総額は490億ドルとなっています。2012年度の助成見込みは509億ドルで緩やかに助成額が伸びていることが伺えます。なお、米国の寄附総額における財団の寄附額は16%。やはり圧倒的に大きいのは72%を占める個人寄附になります。 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

国連グローバル・コンパクトがグローバル企業サステイナビリティ報告2013を発表

国連 による企業社会貢献・CSR推進イニシャチブである国連グローバル・コンタクトは、2000年の立ち上げ以来、現在、世界145カ国から12,000以上の企業が参加する世界最大のグローバルCSRプラットフォームになっています。 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

米国のコミュニティ財団の資産が歴史的水準に!

FSGが、米国の276のコミュニティ財団を対象に2012年度の動向を調査した報告書が公表されました。これによれば、全米トップ100のコミュニティ財団の総資産額は500億ドル、受け入れ寄附金額は59億ドル、助成総額は39億ドルで、2006年に比べて、資産が20%増、寄附が25%増、助成額は21%増となっています。 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

金融包摂マーケットのこれからの10年を展望する:不可視市場のマッピング

アクシオンの金融包摂研究センターが、「不可視市場のマッピング」という報告書を発表しました。これは、現在、国際開発協力やコミュニティ開発分野で注目されている「金融包摂」アプローチのターゲットとなる最低所得層の所得、人口動態、貯蓄率、金融サービスへのアクセス率などの基礎データの動向を、2000年から2010年までの範囲でまとめ、これに基づいて2020年までの動向を展望し、これをデータベース化して一般に公開しようというプロジェクトです。 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

拡大するクラウド・ファンディング産業

ちょっと古い情報ですが、4月にCrowdsourcing.orgが発表した2013年度版クラウド・ファンディング産業報告によると、クラウド・ファンディング・プラットフォームは前年度81%増の27億ドルの資金を2012年に調達したとのことです。2013年には、さらに51億ドルに拡大する見込みとのこと。 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather