拡大するグリーン・ボンド市場

世界経済フォーラムが、拡大するグリーン・ボンド市場を取り上げています。今年度中に発行額が800億ドルに達すると見込まれるグリーン・ボンド。2007年にはわずか8億ドルの発行額だったことを考えるとその急速な成長ぶりが伺えます

もちろん、記事は手放しでこの成長を賞賛しているわけではありません。そもそも、気候変動関連のボンドは全世界で6940億ドル発行されており、グリーンボンドはその一部でしかありません。また、定義が曖昧で、グリーン・ウォッシングに悪用される可能性もあります。さらに、グリーン・ボンドは、森林保護や農業など、リターン率が低いセクターではほとんど発行されていないという点も今後の課題です。

いずれにせよ、開発・環境保護・投資リターンの3つを実現する可能性を持ったグリーン・ボンド。今後の発展が注目されます。

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather