クラウド・ファンディングの潜在的リスク

寄付型、購入型から投資型へと発展しているクラウド・ファンディング。その市場規模は急速に拡大していますし、また、ソーシャル・レンディングの発展で小規模のローンが可能になったため、ソーシャル・ベンチャーや社会的企業向けのファイナンスの有望な手法としても注目を集めつつあります。一方で、急速な発展に伴い、リスクも明らかになりつつあります。特に、最近、米国のレンディング・クラブやプロスパーで問題が発覚したことを機に、リスクの問題が注目を集めました

Banknxtの記事が、潜在的なリスクを以下のようにまとめていますので参考になると思います。

■信用リスクの集積
■情報の非対称性
■プラットフォームのプロバイダーの役割の限界
■準備金の保証の脆弱性

おそらく、今後、より組織的にリスクの検証が行われ、金融当局も規制に乗り出すでしょう。詳しくは以下をご覧下さい。

Vaishali Naroola looks at the risks associated with the crowdfunding sector to avoid the mistakes that led to the global financial crisis in 2008.
BANKNXT.COM
Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather