英国政府が社会的インパクト債のための基金設立

社会的インパクト債関連の情報をもう一つ。英国政府が8000万ポンドのファンドを設立しました。「Life Chances Fund」と名付けられたこのファンド、基本的に地域レベルで社会的インパクト債を含めた「成果報酬型契約(Payment-by-results contracts)」を行いたいという社会的投資家に資金を供給することを目的としています。

このファンドは、自治体や投資家のマッチングファンドを想定していますので、総額では4億ポンドの資金が社会的インパクト債の市場に供給されることになります。

ファンドが現在想定している領域は、薬物・アルコール中毒の予防、児童養護、若者のニート・失業・非行などの予防、幼児教育、健康促進、老人向けサービスです。このファンドには、案件組成支援などの非財務的支援も含まれており、内容的には充実していると思います。

前回の研究会で、日本のソーシャル・ファイナンスを考える上では、財政投融資資金を無視することは出来ないという意見が出されましたが、今回の英国の基金は、まさに日本の場合、財投資金の活用が考えられる分野です。そう言う意味でも、今回のファンドは興味深いと思われます。

https://www.gov.uk/government/publications/life-chances-fund

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather