カテゴリー別アーカイブ: 組織診断

チャリティ・ナビゲーターがレーティング基準を改訂

米国では、ガイドスター、BBBワイズ・ギビング、チャリティ・ウォッチなど、寄付判断のためのNPOレーティング情報サイトが発展しています。NPOにとって、このレーティング情報は、ファンド・レイジングにおいて死活的な重要性を持ちます。 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

助成財団の組織診断ツール(FCCAT)

NPOのキャパシティ・ビルディング支援の際に欠かすことが出来ないのが組織診断ツールです。これは、NPOの組織の現状と問題点を把握し、どの点を改善・強化すれば、NPOの能力を最大限に引き出すことが出来るかをチェックするための診断ツールです。 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

米国におけるキャパシティ・ビルディングの発展

NPOのキャパシティ・ビルディング(能力構築)は重要な課題です。米国では、主要財団や中間支援組織が、1970年代よりキャパシティ・ビルディングに取り組んでおり、様々な手法が開発されています。 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

Charting Impact:NPOのオンライン自己評価レポート作成ツール

オンライン・ツールをもう一つ紹介しておきます。BBBワイズ・ギビング、ガイドスター、そしてインディペンデント・セクターという米国NPO界を主導する団体が協力して作成したCharting Impactは、オンライン上で、質問に応えていくことで、自分たちが置かれている現状と今後の方向性についての報告書が出来てしまうと言うユニークなツールです。質問事項は以下の5つです。 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

NPOキャパシティ評価ツールをオンラインで提供するCCAT

米国のNPO専門コンサルティングでは老舗のTCCグループが、オンライン上でNPOのキャパシティを自己評価できるCCATの提供を開始しました。NPOは、300ドルを支払って登録し、オンライン上で146の質問に回答。この回答に基づいて、詳細なキャパシティ分析レポートが送られてくるというもの。通常、コンサルティングを頼むと軽く3000ドル以上を取られることを考えると、リーズナブルな価格設定だと思います。 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather