ゴールドマンサックスがデトロイト向け支援プログラム立ち上げ

市の破産で窮地に陥っているデトロイトに対して、ゴールドマンサックスが支援事業を開始しました。10,000 small businessと名付けられたこのプロジェクト、デトロイト周辺の10,000の中小企業事業主に対してビジネス維持・拡大のためのトレーニングを行うというものです。

ただし、トレーニングだけでは、財政破綻したデトロイト市でビジネスを復活させるのはもちろん困難。そこで、ゴールドマンサックスは、現地の複数のコミュニティ開発金融機関(CDFIs)と協力し、通常の金融機関からの投融資を受けることが出来ない企業に対する資金提供を行うとのこと。

これは、デトロイトのような財政破綻した地域を社会的投資を利用して民間活力により再生しようという新たな試みとして注目されます。もちろん、企業の社会貢献としてもユニークな試みだと思われます。詳しくは以下のサイトをご覧下さい。

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。