タグ別アーカイブ: ツール

インパクト投資のエコシステム・マッピング

米国ミネソタ州の財団協議会が、ツイン・シティにおけるインパクト投資のマッピングを行いました。インパクト投資の資金供給者(政府、金融機関、財団等)、資金仲介団体、資金の受け手(NPO,社会的企業、ソーシャル・ベンチャー等)のつながりが一目で把握できる優れものです。しかも、投資手法別の資金規模(デット、エクイティ・・・)も図示されるため、ツイン・シティのインパクト投資資金の流れが直感的に理解できるようになっています。 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

社会的インパクト債組成のためのツールキット

米国のアーバン・インスティチュートが、社会的インパクト債組成のためのツールキットを公開しました。社会的インパクト債の組成については、既に自治体など資金提供側を対象とした契約書のひな形などは公開されています。これに対し、今回のツールキットは、資金を受け取る中間支援団体向けに、組成に必要な情報を分かりやすく提供している点に特色があります。 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

社会的インパクト投資案件組成支援ツール

社会的インパクト投資の案件組成にあたっては、通常の投資契約とは異なる様々な要素を入れる必要があります。どのような社会的リターンを目指すのか、これをどう評価するのか、という基本的な点から始まり、社会的企業のミッション維持をどのように担保するのか、逆に投資家はどのタイミングでエグジットをするつもりなのか等々をきちんと決めておく必要があります。 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

インパクト投資のための評価・モニター・報告ツール

インパクト投資を発展させるためには、ファンドマネージャーや投資家が標準化されたメトリックスに基づいて、評価、モニター、報告を行うことが出来るツールの開発が必要です。現在、IRIS とGIIRSがスタンダードになりつつありますが、これをベースにしたツールとして、例えばiPARという製品が公開されています。戦略策定からモニタリング、評価、報告までを一元的に処理できるツール。興味深いです。日本でも、こういうツールが出てくるとインパクト投資も発展していくのではないでしょうか。 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

NPOを成長させるための12のフリーツール

ちょっと固い話題が続きましたので、実践的な話題を紹介します。英国のチャリティ・バンクが英国NPOの成長戦略を支援する12のフリーツールを紹介しています。英語ですが、きっと日本のNPOの方々に役立つと思います。とりあえず、見出しだけ紹介しておきますね。 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

GuideStarが新たな成果指標イニシアチブを立ち上げ!

米国NPOのレーティング機関として大きな影響力を持つガイドスターが、「プラチナ」という新たな成果指標プラットフォームを立ち上げました。プレスリリースによると、NPO評価の世界を「アウトプット評価」から定量的な「アウトカム評価」へと転換させることで、セクター全体の信頼性を高め、寄附市場を一層拡大させる大きな一歩となることが期待されるとのことです。 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

NPO向けダッシュボード作成ガイド

社会的企業化が進むNPOセクターにとって、収支のバランスをチェックしながら、わかりやすい形で達成度をモニターし、これをわかりやすいチャートにして様々なステイクホルダー間で共有するという作業は、非常に重要です。このためのツールとして、データを一覧できるダッシュボードの策定は必須と言っても良いでしょう。 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

「組織の耐久性(Resiliency)」を強化するためのガイドブック

日本でもNPO法が施行されて20年になります。この間、NPOを巡る環境は大きく変わりましたし、担い手の世代交代も進み、活動も多様化しています。こうした中、新しい環境に対応してさらに発展していくNPOと、時代の変化に取り残されて衰退していくNPOが現れています。では、このような変化に適応するための「組織の耐久性」をどのように確保すれば良いのでしょうか。 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

IRIS 4.0が公開されました!

社会的インパクト投資の標準的な成果指標の地位を確立しつつあるインパクト報告・投資スタンダード(IRIS: Impact Reporting & Investment Standards)がバージョン4.0にアップデートされました。これにより、社会的インパクト投資マーケットの発展がさらに加速しそうです。 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

助成財団の組織診断ツール(FCCAT)

NPOのキャパシティ・ビルディング支援の際に欠かすことが出来ないのが組織診断ツールです。これは、NPOの組織の現状と問題点を把握し、どの点を改善・強化すれば、NPOの能力を最大限に引き出すことが出来るかをチェックするための診断ツールです。 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather