太陽光発電収入で貧困家庭のエネルギー状況を改善する

もう一つ、英国の事例を紹介しておきます。南スタフォードシャー・コミュニティ・エネルギー(SSCE)が、新たにシェアを発行して貧困家庭の支援に乗り出しました。プロジェクトの内容は以下の通りです。 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

英国ブリストル市エネルギー組合のコミュニティ・シェア

英国ブリストル市のエネルギー組合が、コミュニティ・シェアを発行して280万ポンドを調達しようとしています。コミュニティ・シェアは、英国ソーシャル・ファイナンスの重要な手法の一つで、近年は、クラウド・ファンディングにおいても、大きな割合を占めるようになりました。 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

ビリオン・ダラー・グリーン・チャレンジ

クレスゲ財団の支援を得てサステナブル・エンダウメント研究所(SEI)が、米国で新たなチャレンジを開始しました。建物のエネルギー効率向上に投資するためのリボルビング・ファンドの設立です。総額10億ドルを目指しています 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

日本サステナブル投資白書2015

今日は、先日ご紹介した日本サステナブル投資白書刊行記念シンポジウムに行ってきました。発表もなかなか面白かったのですが、それはESG投資やサステナブル投資の専門家のコメントにお任せすることにして、インパクト投資関連で一言 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

ワーカーズ・コレクティブ専門の金融機関

アルゼンチンが債務危機に陥った際、多くの企業が倒産を余儀なくされました。しかし、その中で、従業員がオーナーから企業を買い取ってそのまま事業を続けて経済危機を乗り切った事例がありました。このような従業員が共同所有する企業、あるいは組合型のワーカーズ・コレクティブが、現在、再注目されています 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

インパクト・セキュリティ立ち上げ

NPXという米国の金融会社が、「インパクト・セキュリティ」という金融サービスを立ち上げたようです。内容は、成果報酬型の社会的インパクト債をベースにしたもののようですが、公開で資金を募集する点が画期的のようです。これは社会的インパクト債市場拡大の起爆剤になるか、要注目ですね。

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

ブレンディド・ファイナンス

世界経済フォーラムが「ブレンディド・ファイナンス」に関する記事を掲載しています。これは、先日OECDが出した開発協力レポートへのコメントですが、SDGsを達成するために必要な資金ギャップを埋めるには、民間投資と開発援助資金を組み合わせたブレンディド・ファイナンスを発展させる必要があるという議論です。例として取り上げられているのは、ゴールドマンサックスが全世界の女性起業家をターゲットに立ち上げたマイクロファイナンスプロジェクト。

インパクト投資の発展には、公的資金によるリスク管理が不可欠ですが、開発協力資金がブレンディド・ファイナンスとして入ってくれば、この領域は大きく拡大しそうです。

続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

グリーン債の成長見込み

スタンフォード・ソーシャル・イノベーション・レビュー(SSIR)の最新の記事によると、グリーンボンドは、現在、インキュベーション段階、初期適用段階を経て、「高揚段階(Excitement Stage)」に入りつつあると言うことです。 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

FinTechを超えて:クレジットにインパクトをもたらす新事業

シンガポールに拠点を置くIIXは、世界初の社会的証券取引メカニズムを導入するなどユニークな活動を行うソーシャル・ファイナンス組織です。このIIXが、「FinTechを超えて」という記事を発表しました。さすがIIX、面白い内容です。 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather