タグ別アーカイブ: イベント

アジアにもCSV(社会的共有価値の創造)ムーブメントが起きる予感

CSRアジア・サミット2013で社会的共有価値のワークショップが開催され、参加者からは熱い反応が寄せられたとの記事が、CSRアジアに掲載されました。参加者は、アジアの企業CSR関係者とNGO関係者。様々な議論がなされたようですが、基本的に、CSVのコンセプトは受け入れられ、アジアでどのように展開するかが議論されたようです。 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

クリントン・グローバル・イニシャチブ年次総会開始!

今週のニューヨークは世界各国の要人が国連総会に出席するために集結する一週間です。また、毎年恒例になりましたが、クリントン元大統領がクリントン・グローバル・イニシャチブ(CGI)の年次総会を開催する時期でもあります。 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

世界を変えるトイレ・イノベーション

トイレは開発援助で重要な役割を果たします。トイレを整備することは、コミュニティの衛生状況を改善し、水質汚染を防止し、テクノロジーを使えば、有機肥料やバイオ・エネルギーの開発にもつながります。 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

CoCAP:コミュニティにおけるインパクト投資を考えるシンポジウム

社会的インパクト投資に関する国際シンポジウムSOCAP2013が間近に迫りました。そのプレ・イベントとして、9月2日にオークランドでCoCAP(Community Capital)symposiumが開催されるようです。主催団体は、Cutting Edge Capital、Local Investing Resource Center、HUB Oakland、Sustainable Business Alliance (BALLE)、Springboard Innovation。1日の会議で、コミュニティ・キャピタルをいかに調達するか、ベスト・プラクティスの共有、発展のための方策などが議論される予定とのこと。また、ブレイクアウト・セッションでは、以下のテーマが議論される予定です。 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

ACCION金融包摂センターがグローバル・フォーラム「金融包摂2020」を開催

ACCION金融包摂センターの発表によると、来る10月28日から30日まで、ロンドンにおいて、金融包摂をテーマにしたグローバル・フォーラムを開催するようです。世界の主要マイクロ・ファイナンス機関やその他金融包摂に関係している団体のトップリーダーによる招待ベースのフォーラムです。 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

スタンフォード大学NPO Management Institute

スタンフォード大学の話題をもう一つ。もう間近に迫りましたが、9月10日〜11日の2日間、NPO Management Instituteがスタンフォード大学で開催されます。全米のNPOリーダー達が集まり、NPOマネジメントについて議論する機会です。テーマは「ネットワーク化した世界でいかに変革を先導するか」。多様なセッションが用意されていますが、主な内容は以下の通りです。 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

スタンフォード大学とFSGが次世代評価手法に関するシンポジウムを開催

11月14日にスタンフォード・ソーシャル・イノベーション・レビューとFSGが共催で「次世代評価:複雑さ、つながり、そして変化」というシンポジウムを開催するそうです。核となるテーマは、「開発型評価」、「評価基準の共有」、そして「ビッグ・データ」です。すべてのテーマは、既にこの情報ボックスでご紹介済みですが、簡単に復習しておくと。。。。 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

社会的インパクト債券・社会的投資収益分析などの現場を視察する英国スタディツアー

公共経営・社会戦略研究所が、10月28日から11月1日まで、社会的インパクト投資の本場英国へのスタディツアーを行うそうです。社会的インパクト債券や社会的収益投資分析の最先端に触れる貴重な機会。これは気になります。詳細は、以下のサイトをご覧下さい。

http://koshaken.pmssi.co.jp/studytour3.html

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

OECDが開発インパクト債券(DIBs)の活用に関するワークショップを開催

欧州財団センターによると、OECD開発センター、開発協力財団グローバル・ネットワーク、欧州財団センター他の共催により、社会的インパクト債券の手法を開発協力に応用した開発インパクト債券の活用について議論するワークショップが、来る10月24日に開催される予定とのことです。残念ながら、招待ベースですが、財団、企業、開発機関が参加する予定とのこと。どうやら、社会的インパクト投資推進に向けた主要先進国の動きが本格化しそうです。

http://www.efc.be/news_events/Pages/events_Development-Impact-Bonds.aspx

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather

GIIN投資家フォーラムの概要が明らかに!:世界初、インパクト投資のためのグローバル・フォーラム

インパクト投資をグローバルに推進する国際ネットワークGIIN(Global Impact Investing Network)が、数ヶ月前から開催を予告していた初の国際フォーラム「GIIN投資家フォーラム」の概要をついに発表しました。10月10日、11日の2日間にわたり、ロンドンで開催される予定です。 続きを読む

Share MeFacebooktwittergoogle_pluslinkedinmailby feather